JAグループ岡山が被災地へ物資支援


出発式で挨拶する青江会長(12日、岡山県農業会館で)

 JAグループ岡山は12日、記録的な大雨で被災した九州北部地域に、紙コップやティッシュ、飲料水などの生活用品を県内9JAや専門農協、連合会から募り、輸送しました。

 同日には、岡山県農業会館で緊急支援物資を輸送する出発式を開き、物資を届けるトラックを見送りました。JA岡山中央会の青江伯夫会長は「被災地の方々に我々JAグループ岡山の気持ちをお届けしたい。1日も早い復興を願っている」と述べました。

 支援物資は13日にJA筑前あさくらに届く予定となっており、同JAを通じて被災地域の組合員・地域住民へ支給されます。

 また、7月からは募金活動も開始。組合員・地域住民、JAグループ役職員から募金を集めて被災県のJA中央会へ送り、住民の生活再建や地域の復興に役立ててもらいます。第1次締め切りは8月31日。

 問い合わせは県内のJA、またはJA岡山中央会「九州北部地域大雨に係る復興支援募金係」、(電)086(232)2355。

PAGE TOP