「にっこり(2月)いいニラ(12日)」黄ニラ記念日/イベントで岡山特産の黄ニラPR/第6回黄ニラ祭りin岡山市場/JA岡山

黄ニラスープを振る舞うフレッシュおかやまと黄ニラ大使の植田さん

JA全農おかやまとJA岡山、JA岡山東、JAつやまの黄ニラ生産部会、岡山市中央卸売市場関係者らが協力して2月12日に、岡山市の岡山市中央卸売市場内のふくふく通りで、第6回黄ニラ祭りin岡山市場を開催しました。これは岡山県の特産品である黄ニラの記念イベント。平日にもかかわらず、1,000人を越える買物客が訪れ賑わいました。

「黄ニラ記念日」は、JA全農おかやまの発案で、2月が出荷の最盛期であること、鍋物等に需要が多い時期であることと、「にっこり(2月)いいニラ(12日)」という語呂合わせで、同日を2009年に日本記念日協会に登録しました。岡山県産の黄ニラは昨年度は73トンで、全国の約7割を占めます。高級食材として人気が高く、鮮やかな黄色が特徴。記憶向上成分アホエンを含むことから、受験生にすすめています。

同祭りでは、記念日の日付にちなんで212人分の黄ニラ入りの味噌汁が振る舞われました。また、黄ニラ1束120円での即売も行われ、用意した1,200束が短時間で売り切れ、追加で用意した分もすぐ完売しました。

その他、イベントに合わせて同市場内のふくふく通りの飲食店が当日限定の黄ニラを使った寿司、うどん、ポップコーン等を特別に販売し、イベントを盛り上げました。

JA岡山黄ニラ部会の伏見正彦部会長は「年々来場客が増え、黄ニラの知名度が上がったことが実感でき嬉しい。今が黄ニラの旬の時期で、太くて甘くて美味しく、しっかりして柔らかい、品質の高いものを出荷していきたい」と話します。

PAGE TOP